はるの絵空事動物(その他)図鑑


狭義にはネコ目(食肉目)- ネコ亜目- ネコ科- ネコ亜科- ネコ属 に分類される小型哺乳類であるイエネコ(学名:Felis silvestris catus)の通称である。

「ネコは頭が悪い、イヌは賢い」とよく言われるが、これは知能というよりも人間の都合からみた従順さであり、生きていくための判断力や思考力はイヌと変わらないとされている。
-Wikipedia
ちなみに はる作『晴れネコ』は 25.000円也。



ヨーロッパでは、毒キノコにもかかわらず幸福のシンボルとして親しまれている。摂取すると30-90分程度で、吐き気や眠気、発汗、視聴覚や気分の変化、多幸感、健忘といった症状があらわれる。より重い中毒では、混乱、幻覚といったせん妄症状や昏睡がおき、症状は2日以上続く場合もあるが、たいていは12-24時間でおさまる。 ベニテングタケを食べた際、物体の大小が変化したという記録を残したモルデカイ・キュービット・クックの書物は、1865年の『不思議の国のアリス』のモデルになったと考えられている。-Wikipedia
はる作『ベニテングタケ』は 10.000円也。


内緒の話
フクロウ目メンフクロウ科に分類される鳥類の一種。 和名はお面を付けているように見えることから。英名:Barn Owl(納屋のフクロウ)は、納屋のような人家に営巣することから付けられた。世界中に広く生息する。フラットウッズ・モンスターは高さ10フィートから12フィートという驚くべき高さの生物で、人間のものではない光る目をした、明るい赤い顔の、スペードのエースのような形状の頭で、明るい緑の衣服をひだ状にして腰から吊り下げている、短い腕で(あるいは腕がなく)爪のような手を持ち、浮上して動くという。ちなみに、フラットウッズ・モンスターというのはメンフクロウの見間違いであるとの説もある。-Wikipedia
が、どっちも存在するということにしたい。
はる作『内緒の話』は 43.000円也。

はる展「絵空事」(2011)